乳がんは夜勤の代表的なリスクですが、遺伝子の欠陥による乳がんも少ないながら存在します。アンジェリーナ・ジェリーが乳がんの予防のために両乳房の切除手術を受けたのは、遺伝子の欠陥による乳がんリスクが高かったからです。

彼女は治療とそれを公表するに至った思いをニューヨークタイムズに寄稿しています。両乳房切除の手術を公表するのはかなり勇気がいります。高額な手術なこともあり賛否両論ありますが、そのような声明を出したのは素晴らしいと思います。自分の身体のリスクを知った上で自ら選択をして下さいというアンジェリーナのメッセージは感動的です。ちょっと長いですが、時間があるときにぜひ読んでみてください(見出しは訳者)。以下NYTより引用です:



母は56歳の時にがんで他界した

母はおよそ10年のがんとの闘病の末に56歳で亡くなりました。母は初めての孫は抱くことができました。でも他の子供は母がどれだけ愛らしくて優しかったかを知ることができませんでした。

遺伝子の欠陥で乳がんのリスクが跳ね上がる

私たち家族はよく”ママのママ”について話をしました。私はママのママを私たちから奪った病気のことを子供たちに説明してあげました。子どもたちは私にも同じことが起こらないのと聞きました。私はそのたびに大丈夫だよ、心配しなくていいよと答えてきました。でもそれは間違っていました。私のBRCA1という遺伝子に欠陥があり、乳がんと卵巣がんのリスクを劇的に上げることがわかったのです。

87%の確率で乳がんになる

主治医によると個人差はあるけれども、私は乳がんになる確率は87%、卵巣がんは50%ということでした。

遺伝子の突然変異が原因の乳がんは、乳がん全体でみればごくわずかですが、BRCA1の欠陥がある人は、平均すると乳がんのリスクが65%になります。

予防のために両乳房の切除手術を決めた

この現実を知ってから、前向きに問題に向き合い、できるだけリスクを小さくすることを決意しました。そして私は乳がん予防のための両乳房切除手術を受けることを決心したのです。乳がんのほうを優先させたのは、乳がんは卵巣がんよりもリスクが高くて手術も難しいからです。

乳がんと卵巣がんの遺伝リスクは血液検査で調べられる

4月27日、3か月に及ぶ乳房切除を含む治療を終えました。その間、治療のことを秘密にし、仕事を続けることができました。

しかし今この記事を書いているのは、私の経験が他の女性の役に立ってほしいと思ったからです。がんという言葉はいまだに私たちの心に恐怖に与え、深い絶望感をもたらします。しかし現在では血液検査で乳がんと卵巣がんのリスクが高いかどうかを調べることが可能で、その対策をすることもできるのです。

素晴らしい仕上がりの手術

私の治療は2月2日に”乳首温存”とよばれる処置から始まりました。乳首の後ろの乳管の病巣を取り、余分な血管を取り除く処置です。この処置は痛みを伴い、傷がたくさん残ってしまうのですが、乳首を残す可能性がぐっと高くなります。

その二週間後に胸の組織を取り除き、仮詰めをする手術を受けました。この手術には8時間を要しました。手術の後、目が覚めると廃液用のチューブが取り付けられていて、まるでSF映画の一コマのようでした。でも手術の数日後には普通の生活に戻ることができました。

そして9週間後に最後の胸の再建手術を終えました。胸の再建手術はこの数年で目覚ましい進歩があり、その仕上がりは素晴らしいです。

乳がんにリスクは87%から5%に

これを書いているのはみなさんに乳房切除手術をする決断は簡単ではないことを知ってもらいたかったからです。でも決断できたことは本当によかったです。乳がんになるリスクは87%から5%に下がりました。もう子どもたちは私を乳がんで失うのではと心配しなくてもよいのです。

女性としても損なわれていない

子どもたちが不安になるようなことを見なくて済んだのはとても大事なことです。子どもたちは私のちいさな傷をみるだけです。すべていつものママのままです。そして子どもたちは知っています。あの子たちを愛していること、そしてできるだけいっしょにいてあげたいと思っていることを。個人的な感想ですが、私は女性として損なわれたとは感じていないです。女性らしさをなんら損なうことない選択ができたことは、私に力を与えてくれると感じています。

素晴らしいパートナー、ブラッドピッド

幸運にも私にはブラッドピットというパートナーがいました。彼はとても愛情深く、私を支えてくれます。これを読んでいるパートナーがいる男性にぜひ知っておいてもらいたいことがあります。このような大きな変化の時は、あなたはとても重要な役割を果たします。ブラッドは手術を受けるときはずっとそばにいてくれました。そして笑いあうことすらできました。この手術が家族にとって正しいことだとわかっていましたし、手術によってより家族の絆が強くなると思っていました。その通りでした。

あなたには選択肢がある

この記事を読んでいる女性に知ってもらいたいことは、あなたには選択肢があるということです。特に親類に乳がんや卵巣がんになったことがある人にはこのことを知ってもらいたいのです。そして頼りになるお医者さんをみつけて、確かな情報に基づいて自分の選択をして欲しいと願っています。

沢山のすばらしい医師が従来の手術の代替となる、このような医療に取り組んでくれていることに感謝しています。私の治療の経緯は Pink Lotus Breast Centerのサイトに掲載される予定です。それが他の女性の役に立つことを願っています。

誰もが遺伝子検査を受けられるべき

乳がんだけで毎年458,000人もの人がなくなっています。主に低~中所得の国です。もっと多くの女性が遺伝子検査を受け、命を守る予防処置を受けられるようにすべきです。それは所得やバックグラウンドや住んでいる場所によって差別されてはいけません。 BRCA1 とBRCA2の検査費用はとても高く、アメリカでは3,000ドル以上します。この費用が多くの女性にとって障害となっています。

怯える必要はない

私は自分の手術を秘密にしておくことは選択しませんでした。なぜなら多くの女性ががんのリスクに気が付かずに日常を送っているからです。多くの女性が遺伝子検査を受けられるようになってほしいです。そしてもし高いリスクが見つかったなら、心強い選択肢があることを知ってほしいと思います。

人生はたくさんの試練がありますが、コントロールすることができる試練に対しては恐怖に怯える必要はないのです。


アンジェリーナ・ジョリー