夜勤をしていると、栄養ドリンクやコーヒーのようなカフェイン入りのドリンクにお世話になることが多いですよね。

ただカフェインについての知識としては、とりあえず飲んでおけばしゃきっとする、飲み過ぎはよくない、くらいしか知られていません。

ここではカフェインを上手に利用するために知っておきたいことを紹介します。

カフェインのメリットとは?

カフェインの効果と言えば眠気を覚ます覚醒作用が夜勤者にとってもっとも有用ですが、他にも以下のようなメリットがあります。

・交感神経を刺激する作用により、体脂肪の燃焼が促進される
・計算力や記憶力の向上
・疲労感の軽減
・運動能力の向上

こんなにたくさんの作用があるとは驚きですね。ただしカフェインの効果は個人差がかなり大きいので、自分がどれくらいカフェインの影響を受けるのかを把握しておいた方がよいでしょう。

カフェインのデメリットは?

カフェインはかなり強い作用をもつ物質なので、摂り方や人によってはデメリットもそれなりにあります。

特に問題になるのはカフェイン中毒による症状です。カフェインを日常的に過剰に摂取すると、カフェインを半日から一日取らないだけで、中毒症状が出ます。

症状として最も多いのが頭痛で、その他には不安、徒労感、集中力の欠如、抑うつなどがあります。

飲み物に含まれるカフェイン目安は?



カフェイン2

一般的な飲み物に含まれるカフェイン量を把握しておけば、夜勤生活でカフェインを上手に利用することができます。上の表は主な飲み物のカフェイン量です。

意外にも一番多いのは玉露です。しかし玉露はめったに飲むものではないのであまり関係ないかもしれません。

2位はドリップされたコーヒーです。やはりコーヒーはカフェインが多いですね。

ココアも意外と多く、コーヒーに次いでます。紅茶や煎茶などのお茶類はカフェインは含まれますが、コーヒーの半分から三分の一程度になります。

一度にたくさんカフェインを飲むのはキケン

カフェインは急激にたくさんとると危険です。アメリカではモンスターエナジーというカフェイン飲料を24時間に2缶(700ml)を飲んだ少女が死亡しており、死因は「カフェインの毒性による心臓の不整脈」と診断されました。

1400mlモンスターエナジーに含まれるカフェインの量は480mgなので、ドリップコーヒーだと4~6杯分、350mlのコーラだと14缶分に相当します。コーヒー5杯くらいは飲んでいる人はたくさんいそうです。

カフェインの飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

頭痛持ちの人は注意

夜勤をしていると、頭痛に悩まされることは少なくありません。しかしもし、あなたがカフェインを取り過ぎているとしたら、カフェインをやめると頭痛が治るかもしれません。

カフェインには血管収縮作用があるので、飲んだ直後は頭がすっきりとしてむしろ頭痛が治るのですが、この作用が消えると反動で逆に欠陥が拡張してしまい、頭痛の原因になることがあるのです。

仮眠の直前に飲むとよい

仮眠の直前に飲んだら眠れないのでは?という心配があるかもしれませんが大丈夫です。カフェインが作用するには約30分ほどかかるからです。

仮眠の直前にカフェインを摂取すれば、ちょうど目を覚ましたいくらいの時間にカフェインが効いてきて、仮眠によるリフレッシュとカフェインの効果が効いて活動的に過ごすことができます。


関連記事:
夜勤をやめて頭痛解消!