新しい職場に移るのはどれだけ情報を集めても不安なものです。せっかくつらい夜勤をやめるために転職したのに、前の職場よりも環境が悪化したら最悪です。

どれだけがんばって情報を集めても、人から聞いた情報だけではミスマッチングが起こることはあります。

とりあえず働いてみる!

最も確実な情報収集の方法は転職したい職場で働くことです。これほど確実な情報収集はありません。夜勤がある職は看護師や介護士などの専門職が多いので、短期の派遣で職場に入れることが多いので、この方法が使えます。

人からの情報と自分で働いて得た情報とでは雲泥の差があります。あまり評判がよくなかった職場でも自分には居心地がよいかもしれません。また逆に評判がめちゃくちゃよかったのに、実際働いてみるとそうでもなかった、ということもよくあります。

この方法が使える職種・職場は限られていますが、もし可能ならばぜひ試してみましょう。そして自分に合った場所が見つかってから、そこへの就職を狙えばよいのです。

職場を見る目が鍛えられる!

また短期しか募集していないなど、自分の思い通りの職場への転職ができなかったとしても、次の就職までに派遣を経験するのはとても有意義です。派遣をすることで、一つの職場だけでなく様々な職場を経験できます。それぞれの職場のいいところも悪いところも見えてきます。これは経験値としてとても大きいです。”職場を見る目”もかなり養われるので、新しい職場探しにもとても有効です。