頭痛解消


夜勤をやめるべき理由はたくさんありますが、頭痛もその一つです。

夜勤の時の頭痛ほどつらいことはありません。ただでさえ休むことが厳しい夜勤で、頭痛だから休ませてくれなどとは口が裂けてもいえないですよね。

頭痛はめちゃくちゃつらい

頭痛の辛さは半端ではありません。風邪はじっとしているとそれほどしんどくないですが、頭痛はじっとしていても動いていてもとにかくしんどいです。強烈に吐き気がすることもあります。普段なら簡単な仕事でもめちゃくちゃつらいです。当然ミスや事故のリスクも高くなります。しかし頭痛では周りの人の理解は得らず、つらさに追い打ちをかけます。

頭痛外来はおすすめ

もし市販の頭痛薬を頻繁に飲んでいるようなら、お医者さんに相談した方がよいです。市販の頭痛薬は頭痛が感じにくくするための薬で、頭痛の元を解消するためではありません。頭痛外来では頭痛の元を治す薬を処方できることもあります。うまく薬が効けば頭痛がかなり軽くなります。

根本原因をなくすべき

ただ頭痛を薬で抑えることができても、根本原因は治さないと、薬漬けになってしまいます。薬は応急避難的なものと考えて、根本原因を治す努力をしましょう。

頭痛は夜勤が原因となっていることも多いです。夜勤では自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、職場のプレッシャーなど、頭痛の要因がたくさんあります。夜勤の人は普通の人よりも頭痛を訴える人がずっと多いです。しかも労働環境の方が悪化しているため、昔よりも現在のほうが頭痛を訴えるひとは増えています。

夜勤をやめて頭痛が劇的に改善

実際、ひどい頭痛もちの人でも、夜勤をやめると劇的に改善することが少なくありません。頭痛がなくなれば、自分の好きなことに使える時間が増えます。おしゃべりや身体を動かすことにも自分の時間をつかえます。それによりいっそう頭痛が解消されるよいサイクルになります。頭痛と無縁になれる爽快感は何物にもかえられません。

夜勤は想像以上にわたしたちの身体の負担になっています。よほど身体の強い人でない限りどこかが壊れてしまいます。頭痛がつらいというのも身体のシグナルの一つです。本当にそこまでして夜勤をやるべきかどうかはしっかりと考えた方がよいでしょう。