koori

”冷え”って何?

”冷え”は東洋医学的には病気のことで、症状や冷えを感じる部位により分類されます。手足の冷えは血液環の悪化から、全身の冷えは新陳代謝の低下からきます。


夜勤は”冷え”やすい?

夜勤者はサーカディアンリズム(一日の生体リズム)が強制的に乱されるために、つねに自律神経が乱されています。

自律神経は血管を収縮・膨張させて体温を調節する役割があり、自律神経が乱れると血液の循環が悪化して”冷え”を感じやすくなります。

他にも多くの夜勤者は睡眠障害などを抱えており、”冷え”につながりやすい状態にあります。

”冷え”るとどうなるの?

”冷え”は単純に手足が冷たくなるだけではありません。血液と体液のめぐりが悪くなっているのは、わたしたちの社会で言えば物流が滞っているのと同じことです。つまり必要なモノが必要な場所に届かない状態です。

必要なモノ(栄養やホルモン)が届かないとなれば、身体のどこに不調が出てもおかしくありません。消化器系の不調、むくみ、免疫力、気持ちの落ち込みなどが”冷え”によってもたらされます。

”冷え”におすすめの”蒸し生姜”

冷えに効く食品といえば生姜が有名です。生の生姜でも血流促進や殺菌作用はありますが、冷えに対する効果は生よりも蒸し生姜の方が高いのです。

生姜を蒸すと「ショウガオール」という成分が作られます。「ショウガオール」は体内の脂肪や糖質を燃焼させて体を芯から温める効果があるのです。蒸した生姜には生の生姜の10倍ものショウガオールが含まれています!

蒸し生姜の作り方

正統派な作り方は生姜を蒸し器で蒸して、天日干しをするやりかたです。下の動画は作り方をものすごくわかりやすく解説してくれています。


もっとお手軽に作る方法

蒸し器がない、天日干しする場所がない、という人はオーブンだけでも近いものが作れます。

1.生姜を縞模様に平行に約1mm厚に切る。
2.皮の近くに薬効成分が含まれるので、できるだけ皮は残すし、皮の汚れた部分を洗う。
3.オーブンの設定を、80度・1時間にして生姜を温める。50分過ぎから状態を確認し、干からびたら取り出す。
4.乾燥した保存容器に入れて常温で保存(常温で約3ヶ月もつ)

蒸し生姜は細かく刻んだり、フードプロセッサーで粉末にすると使い勝手がよくなります。紅茶との相性は抜群ですよ。はちみつ生姜レモンもおススメです。

冷えとりマッサージで冷え解消!

マッサージは体液の循環を良くする効果があるので、冷えの解消にぜひとも取りいれましょう。リフレクソロジー&リンパマッサージのエキスパートのマミさんによるわかりやすい解説があるので参考にしてください。



関連記事:
夜勤のための上手な水分補給
心の疲れをとるお手軽な方法!