kohi


休憩時間のコーヒーにドーナッツ、カフェのでの一杯。小さいけど確実に幸せな瞬間ですよね。

夜勤をしている人にとっても、コーヒーは仕事前の眠気覚ましや癒しとして欠かせません。

ちなみにコーヒーのよい効果についてはこちらの記事(コーヒーのハッピーな効果)でまとめています。

最近はファーストフード系やコンビニ系もコーヒーに力を入れていて、どこでも手軽にコーヒーが買えるようになったのは嬉しいですね。ついつい飲み過ぎてしまいます。

どこのコーヒーが一番美味しい?

コーヒーを飲んだりテイクアウトするのはカフェ系、ファーストフード系、コンビニ系と沢山ありますが、実際のところどこのコーヒーが一番美味しいと思いますか?

そりゃやっぱりコーヒー専門のスタバやドトール?いやいやコンビニ?

こんなとても気になる疑問に答える調査をきちんとされている方がいます。

法政大学の小川教授のゼミではスタバ・ドトール・タリーズ・マクドナルド・セブンイレブンの5社のブラックコーヒーをテイクアウトして学生15人でランク付けをしました。

もちろんどこのブランドのものかわからないように容器を統一してからテストしています。

衝撃的な結果が・・・

結果は、セブン支持が60%と圧勝でした。2位がマクドナルドの20%、3位がスターバックスの13%、4位がタリーズの7%、最下位のドトールは0%でした。

カフェ系を抑えてセブンのコーヒーがダントツでトップというのはかなりおどろきです。たしかに美味しいとは思っていましたが。。。ドトールの立場がありません。コーヒー専門店なのに。

しかもセブンのコーヒーはこの中でも圧倒的に安く、Mサイズのホットは100円です。すさまじいコストパフォーマンスです。また2位のマクドナルドも同じく100円で最安値です。安いほど美味しいとは消費者にとっては嬉しいですね。

テイクアウトならセブンかマックで!

コーヒーをテイクアウトするなら、セブンかマックが圧倒的にお得です!セブンのコーヒーが売れまくっているのも納得ですね。

夜勤で働く人にとってはコンビニの方がテイクアウトが気軽にできるし、おやつや食事も一緒に買えるので便利ですよね。

なぜセブンのコーヒーが最強なのか?

ところでなぜ専門店でもなく、値段も安いのにセブンのコーヒーはそんなに美味しいのでしょうか?

理由は三つほど考えられます。単品販売にしたことと、テイクアウト専門であること、全国に1万5千店舗もあるスケールメリットでしょう。

セブンで買えるコーヒーはホットとアイスの二種類しかありません。セブンのコーヒーサーバーは二種類の豆に最適化されたものが開発されているはずです。だから機械でも美味しいコーヒーになっているのでしょう。

いろんな豆や、エスプレッソなどに対応する機械をつくるとかなりのコストアップになり、しかも品質も落ちます。セブンはあえて豆を二種類だけに絞ることで最高の品質のコーヒーにしているのでしょう。

テイクアウト専門であることも大事です。ドトールやスタバでは店舗を維持するだけでかなりの経費が掛かっています。もしテイクアウト専門にしたら値段は半分くらいに下げられるでしょう。

また全国の1万5千店舗もあるということは一店舗あたり100杯売れるとしたら一日150万杯ものコーヒーが売れることになります。これだけのスケールなら普通に個人が買うよりはるかに安くコーヒー豆を仕入れることができます。

セブンのコーヒーが安くて美味しいのはそれなりの理由があるということですね。とりあえずテイクアウトするならセブンがお得です!

関連記事:
コーヒーのハッピーな効果
参考記事:
http://www.kosuke-ogawa.com/?eid=2813