ストレッチ


夜勤で働く者にとって適切な水分補給は欠かせませんが、トイレが近くなり仕事に差し支えるようでは困ります。

そこで前回の記事ではトイレが近くならないような水分補給のポイントを紹介しました。
(トイレが近くならないための飲み物は?)

今回は飲み物の種類以外でできる対策を紹介します。

身体を冷やさない

身体が冷えるとトイレが近くなります。夜勤の職場は寒いことが多いので意識的に身体を冷えから守りましょう。

カーディガンや上着を羽織ったり、ストールやひざ掛けを使うとよいです。また下半身は腹巻きやタイツで守るのも効果的です。

身体を温める

ちょっとした運動やストレッチをすると、血行がよくなり身体を温まります。ストレス解消にもなり、トイレが気にならなくなる効果もあります。歩くだけでも効果がありますよ。

オフィスでもできるストレッチはたくさんあります。肩がこりやすい方はこの動画で紹介されているストレッチがおすすめです!

夜勤中は身体が寝ようとして体温を下げようとするので、ストレッチをして血行をよくすると、眠気対策にもなって一石二鳥ですよ。

頻尿予防の体操をする

肛門の開け閉めを一日50回~100回繰り返す運動をすると、頻尿予防になり、といれの回数を減らす効果があるそうです。ほんまでっかTVでも紹介されていました。

一気に50回やるのではなく、一日の中で気が付いたら体操をして合計が50~100回程度になるようにします。これはかなり効果がありました。軽いストレッチ代わりにもなるのでおススメです。


関連記事:
夜勤のための上手な水分補給
トイレが近くならないための飲み物は?