coffee

夜勤は身体も心もつらいです。睡眠リズムは乱れるし、友人と休みの予定も合わせずらいし、身体と心を病んでしまう人がとても多い働き方です。

それほど辛い夜勤だけに、ゆっくりと飲むコーヒーは最高の癒しになります。

ここではコーヒーがもっと美味しく飲めるように、コーヒーの持つハッピーな効果を紹介します。

コーヒーを飲めばシミは防げる!?

夜勤をすると、生活リズムや自律神経が乱れて、肌が衰えやすくなります。やはり肌の老化はできるだけ避けたいですよね。

意外なことにコーヒーには肌のシミを防ぐ効果があります。茶の水女子大学大学院の近藤和雄教授の調査によると、コーヒーを一日2杯以上飲む人は紫外線によるシミが少なくなるそうです。

シミが少なくなる理由はコーヒーに含まれるポリフェノール( クロロゲン酸)の働きにあるようです。

美味しいコーヒーを飲んでシミの予防ができるなんて、ほんとに嬉しいですね!

コーヒーを飲むとダイエット効果が高まる!

夜勤明けってなぜかドカ食いの衝動にかられませんか?夜勤をすると自律神経のバランスが崩れやすいので、ドカ食いをしやすくなります。その結果だんだん体重が・・・ダイエットしなきゃ・・・というのはよくある話です。

ドカ食いしやすい人は自律神経の働きがやや弱く、そのために太りやすくなっています。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、このうち「交感神経」は食欲を抑える役割があります。

コーヒーを飲むと、自律神経が正常に働き、食欲を抑え、脂肪の代謝を高める効果があります。ダイエット効果まであるとは、こんな嬉しいことはないですね。

コーヒーを飲んでいる人は自殺率が半分!

夜勤をすると、体調不良や孤独感などからうつ気味になりやすいです。本格的なうつになると、最悪自殺に至ってしまいます。

しかし、もしかするとコーヒーを数杯飲んでいたら避けられた自殺もたくさんあるかもしれません。

なぜなら1日数杯のコーヒーを飲んでいる人は、自殺率がおよそ半分に減るというハーヴァード大の研究結果があるからです。

ちなみに男性は4万人以上、女性は7万4千人と非常に大規模な調査の結果です。

なぜ半分にまでなるのかメカニズムはよくわかってませんが、コーヒー好きにとってはとても心強いデータですね。

それではよりよいコーヒーライフを送ってください!


関連記事:
夜勤による肌の老化を防ぐには?
看護師はうつになりやすい?